ラプラスの背に乗って

ポケモンカードについて初心者なりにやっていきます

3/23 シティリーグ埼玉

助けてください、ポケモンカードよわよわ侍になりました。マジでメンタルがこんにゃくレベル。

はい、シティリーグ埼玉へ出てきました。成績が良くなくてブログ書くのも正直だるいけど自分を戒めてかないと強くなれないと思ったので書きます。

○環境考察
ダブルブレイズ発売から3週間ほどがたち、レジリザ環境からも少し変わり頭を見せてきたのがジュゴン、ピカゼク。逆にウルネクや小ズガ単はめっきり減ったのかなという感じ。岩手の環境すらよく分かってなかったので都会の環境考察なんて余裕でガバガバなんですわ。

特筆すべきはまずジュゴン。トリプル加速エネルギー(以降サンタマ)で60ダメージを2体に飛ばせるという、よく考えたらぶっ壊れ性能を持ったポケモン。これによりゾロアメタモンマーイーカあたりはしっかり2体持ってかれる。ちなみにバトル場の小ズガやボルケニオンも飛ぶ。あと破れた扉のギラティナを採用することでジラーチなどのHP70まで見ることができる。ただしサンタマは使ったらトラッシュという性質上安定性がよろしくない。たねポケ狩りとして活躍するのが序盤からという形(もちろん中盤、終盤も出番はなくはない)なのでサンタマが2ターン目までに来なければいけなく、パウワウからジュゴンに進化させないといけないので割と求められてることは多い。よってジュゴンと組み合わせられる相方はゾロアークGXに落ち着く。ダブルブレイズ発売当初はやはりタッグチーム環境だったためレシリザが大きく注目を集めたが、数週間たてば頭の良い人たちが他のカードを使って結果を残すため小ズガのデッキが登場し、それをメタるためにジュゴンが出てきたという流れなのでこの時期にジュゴンが出てきたのも納得はできる。ゾロアークGXと相性が良いルガルガンGXの役割にも疑問を持たれていた時期と重なり、ペルシアンGXが提案され、いろいろあってゾロアークGX+ペルシアンGX+ジュゴンというデッキができた。ゾロアークGXのデッキあんま使うの得意じゃないから合ってるかは分からん。

ということでルガルガンGXがゾロアークGXと別れたデッキが多くなり、前述のデッキはピカゼクに大きく不利をとるデッキとなってしまった、もともと不利だったけど。傷をえぐるヨーギラスで頑張ってるのはよく見るけどやっぱりピカゼクは重そう。

そしてレシリザ。サポートするカードが優秀すぎるため第一線から退いてしまったとは言ってもまだまだ現役。tier2くらいかな。230点は1進化GXをワンパンでき、ハチマキつければ260までのタッグチームはワンパンできるのでやっぱり強い。ただしエネルギーが多いので初手で事故るのはよくある。

○使用デッキ
考えが浅はかな僕でもここらへんまでは考えてたのでどのデッキを使うかとても悩みました。大会前まで好んで使っていたのはデスカーン+ギラティナ(以降デスギラ)、ブルー型炎バレットでした。しかし、ゾロアークGXの流行によりアローラベトベトンが増加しデスギラでは戦いにくい環境だったので炎バレットで挑む、ということになりました。新しいデッキを作る気はポケカへのモチベの低下もあってあまりありませんでした、はい。ただし、この時点での炎バレットはボルケニオンを4枚入れることでジラーチサンダーへの対面性能を上げていたのですがゾロアークGXが重いため1枚へと数を減らしました。次に、ヒードラン(ひのたま)でウルネクをはじめとするマーイーカ採用のデッキを見ようとしていたのですが前述の通りジュゴンにより数を減らすと考え2枚→0枚に。また、レシリザミラーなどを考えたときに青天井の火力が欲しいと思ったためズガドーンGXとビーストリングを採用しました。ブルーでビーストリングを持ってきてエネ加速出来るのは強いってフェロマッシに教えてもらったので。ゾロアークGXへの対応はイーブイ&カビゴンGXとカウンターゲインの採用で奇襲をかけることとしました。ということでレシピはこちらになります。

○各カードの簡単な採用理由
ポケモン
レシリザ 2
主力。3枚にすると先行レシリザスタートしたときの溶接工が無類の強さを誇るがイーブイ&カビゴンGXの影響で2枚に。

イカビ 1
ゾロアークGXやペルシアンGX、エルフーンGXをワンパンでしばける。溶接工もあるのでエネルギーは結構つく。メガトンフレンズGXで手札事故もなんとかなる、かもしれない。

ズガドーンGX 2
タッグチームをこいつで倒すとサイドレースが有利になる青天井ポケ。ブルー→ビーストリングによる加速が強いため2枚採用。1エネでバーストGXを打てるので締めにも使える。

ボルケニオン 1
もともとはジラーチサンダーに有利に出るために採用していたカードだったがピンポイントすぎたので後攻スタートケアとしての役割で1枚となった。要するに高熱爆破よりフレアスターターの需要が大きかったということ。

・グッズ
火打石 4
3枚にしてる構築をたまに見かけるがこのデッキはエネルギーを14枚と多めに採用してるため山からエネルギーを減らさないと事故に繋がる。初動で使いたいので絶対4枚。

ネスト 4
みんなたねポケ。

ポケギア3.0 4
ブルー型だから。

炎の結晶 1
2枚にするか悩んだけど1枚で足りた。エネ管理が大事。

カスタムキャッチャー 4
少し前まではポケモンキャッチャーだったがチキってしまったのでカスタムキャッチャーになった。ブルーで揃えられるので普通に強い。

ビーストリング 2
ズガドーンGXが最強になるカード。1枚使えたら十分。

ポケモンいれかえ 1
後攻フレアスターターしたいので。

あなぬけのヒモ 1
ポケモンいれかえをヒモにして2枚採用でも良かったかもしれない。あんまり倒したいやつ前にいなかった。

ハチマキ 2
ピカゼク、サナニンフ、レシリザあたりにはこれがないと倒せない。

カウンターゲイン 1
後攻フレアスターターしてボルケニオンが狩られると発動できる。ブイカビやレシリザが手張り+溶接工で動けたりするので悪くはなかった。

きずぐすり 1
相手の確定数ずらすために入れた。悪くは無い。

・サポート
ブルーの探索 4
メインヒロインその1。ジャッジマンなどによる手札事故が多発する世の中でこの子が救ってくれるようになっている。いわば救いの女神。ブルー型にするとテンポが遅れるなどという声も多いがそこらへんはビーストリングとかフレアスターターでカバーすれば問題ない。

溶接工 4
メインヒロインその2。いるのが当たり前すぎて特に話すこともないが感謝を忘れてはいけない。ぶっ壊れカードである。

グズマ 2
カスタムキャッチャーもあるので2枚。基本ブルーか溶接工打つので他のサポは控えめ。

アセロラ 1
負け筋をなくすための1枚。

リーリエ 1
好きだから入れた。初手に手札に来ることはなく使わなかった。一応ジャッジマンからの回復札となっている。

ジャッジマン 1
本当は手札干渉にサポ権使いたくないが、やぶれかぶれできないので仕方なく入れた。

・スタジアム
ヒートファクトリー◇ 1
入れない理由を探す方が難しい。

無人発電所 1
ゾロアークGXとエルフーンGXとピカゼクを止めたかった。

・エネルギー
基本炎エネルギー 14
ビックリヘッドするとロストゾーンにいって炎の結晶で回収できないため多めの14枚。

○不採用カード
バクガメス
青天井だが起動するには溶接工が必須なため結構キツい。構築段階でも早めに抜けてった。

・ブースターGX
今考えると環境的にいい刺さり方してるので採用しても良かったんじゃないかなと思った。ただし進化ポケなので枠がキツい。

・まんたんのくすり
レシリザとは相性が悪いことで有名なので。。。

○なんで採用しなかったんだろうカード
・ワンダーラビリンス◇
数日後の地元のジムバトルで同じデッキを使用し、ワンラビ入れてみたら面白いくらいに刺さったので入れれば良かった。フレアストライク打ってからワンラビ張って相手のポケモン倒すとテンポを掴める。

○当日のマッチング
1回戦 VSジラサンUB ✕
後攻。緊張してプレミかました。ネストボールでレシリザ持ってこようとしたのに「対象なしで。」ベンチアウトして負け。アホか。

2回戦 VSエビサワカポ ○
後攻。相手が思ったように動けてなかったようなのでなんとかなった。ジャッジマンが相手に刺さったようだった。ナマコブシの6点が結構痛かった。

3回戦 VSレシリザブースター ✕
後攻。お互いレシリザスタートだったので後1逆鱗でフレアストライク圏内にしたがアセロラで回収されヒートステージされてまったく逆の立場に。溶接工引けなくてブースターGXをハチマキダブルブレイズGXで無理やり飛ばしたのが祟ったようで、あそこでフレアストライクを打ててればブースターGX→レシリザ→バーストGXでキレイに決められたはずだった。残念。

4回戦 VSウルネク ○
先行。ブイカビスタート。全然ウルネク出てこなかったしイカも進化できてなかったのでただひたすらにダンププレスしてた。気づいたら勝ってた。

5回戦 VSルガゾロアロキュウ ✕
後攻。相手先1ジャッジマンしたくせに事故らなかった。僕は事故った。それだけ。

6回戦 VSランドロス+マーシャドー&カイリキーGX ✕
後攻。すっごいプレミして負けた。なんであんなプレミしたのか未だに分からないが言うのも恥ずかしいのでやめます。ポケカ引退レベル。

そんなわけで2-4。64位。100人参加だったので64位までポイントが入るということで滑り込みポイント獲得。ちょっと嬉しかった。ちなみに1回戦と3回戦で戦った人は決勝トーナメント進出してたのですごいなあってなってた。

今回のシティ埼玉はこんな感じでした。優勝はピカゼク。後ろから見てたけど後1フルドライブ決めたりで理想ムーブしかしてなかったのでポケカの神に愛されてたんだなと思いました。相手にフェアリーチャーム雷1枚も引かせてないのも流石だった。

○反省点
まずメンタル、1人で行ったからってガチガチになってポケモンカードをするな。次に環境考察、岩手があれだからかもしれないがまだ甘い。そしてモチベーション、環境デッキせめて10個くらい作って回し方くらい覚えろ、2個しかなかったって舐めてんのか。あとはプレイング、メンタルと関係するかもしれないけどそれは練度の低さが物語ってるから練習はもっとやれ。一人回しも怠らずやれ。

お見苦しいところをお見せしました。失礼しました。

来週はもうジージーエンド発売ですね。CL京都頑張っていくので次は反省点をしっかり踏まえて頑張りたいと思います、いつも仲良くしてくださってる皆さん、これからも練習のお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

以上、大学の研究室の英論発表と就活に追われてポケカどころではないくましんからでした!!

2/23 第4回岩手ケルディオ杯

こんにちは、最近ポケカばっかりするようになったくましんです。今日は岩手オーガナイザーさんたち(自分除く)による大型イベントのケルディオ杯に参加してきました。イベントを開催していただきありがとうございました。


今回のケルディオ杯は予選1st stage、2nd stageに分かれており、1st stageは一勝することで突破、2nd stageは三連勝することで突破というものでした(ちょっと違うけどだいたい合ってる)。


予選を突破して本戦に進めるのは8名のみであり、予選がガンスリンガー形式であったのでスピードの高いデッキを握るのが妥当なのだと思います。


結果を先に言っておきますと、予選は1stから4連勝で突破、本戦は準決勝で敗退し、3位決定戦も敗退で4位でした。


では、使用デッキとマッチングを話していきます。その次にデッキ解説したいです。



使用デッキ:エビサワカポ
参加人数:48人

コンボで有名なあのデッキ。
1エネで動けることからレインボーエネルギーが入れられ、バラマキによったデッキタイプであるためカウンターエネも採用でき、非常に多くのデッキを見ることができるデッキ、多分。

予選1st stage
VSピカゼク 〇
初戦から環境トップのピカゼクと対面、タイプ相性で言えば有利っちゃ有利、ジャッジマンやぶれかぶれでぐちゃぐちゃにされるとしんどい。
フーパをちらつかせてサンダーをベンチに呼び込み、弱点なしのカプ・コケコGXが出てきました。フーパのちょうねんりきでコケコGXに8点、次にピカゼクにハチマキディアンシーヒット&アウェイで16点。スペシャルコンボでコケコGXに9点で気絶。最後にフィニッシュコンボしてマジカルスワップで4枚とって勝ち。ジャッジマンがないから勝てたようなもん。でもキレイに回ってコンボしたので気分は良かった。


予選2nd stage
VSフェロマッシフシギバナ
初手カミツルギフシギダネ2体が見え、なんだこれと思って先行1ターン目は無難に展開。相手のターンにブルー使ってきたことでフェロマッシだと把握。ジェットパンチを打たれてゆく。2進化デッキな以上相手もベンチを出さざるを得ないようでしっかりフル展開してきてくれたところでフィニッシュコンボ。フシギダネカミツルギもHP70なので耐えてくれる。最後はマジカルスワップでサイド6枚とって勝ち。案外コンボ決まるもんだなあと思った。


VSメタモン◇ 〇
ヒット&アウェイ。


VSルガゾロ 〇
先行取られたが全然展開してこないので正面のアロベトをディアンシーヒット&アウェイで倒す。次のターンにゾロアークが一体、ベンチにゾロアが一体だったのでスペシャルコンボでゾロアを気絶させる。そしたら相手がベンチにゾロアゾロアイワンコ(HP60)メタモン◇を並べてきてくれたのでフィニッシュコンボでサイド4枚とって勝ち。


これで2nd stage三連勝なので本戦進出、なんと最速。2戦目が大きかったかな( )

予選と本戦はデッキ交換ありだったのですがまさかここまで勝てるとは思ってなかったので全勝したこのデッキを信じてそのまま本戦へ。

ちなみに本戦用に作ってたフェロマッシサンダースは今日は使わなかった、ごめんよ。泣



本戦
VSピカゼク 〇 後
岩手最強のちくわケバブが相手。アブソルでスタートされ、自分は小マッシ。初手やぶれかぶれにあい負けたかあって思ったらリーリエきてくれたので密かに愛を誓いつつドロー。なんか上手くまわせそうにない手札ばっかりでディアンシーすら出せずスレッジハンマー60点。返しのターンにレックの疾風怒濤でエネルギーつけかえが2枚落ちる。ピカゼクがバトル場に来てエネが2枚ついたがそこから殴って来なかったのでまだいけると思ったがククイ博士を打つしかなくスレッジハンマー140点、ディアンシーは出せた。フルドライブでこっちのポケモンが気絶し、返しにヒット&アウェイでピカゼクが気絶、でかい。相手がテテフで殴る方針に変えてきたのでグズマでレックを前に出しつつテテフにスペシャルコンボ。エナドラで小マッシが気絶したのでカポエラーのフィニッシュコンボで前のテテフと後ろのアブソル気絶させて3枚とって勝ち。終始微妙な手札だったが綺麗に回った。



VSルガゾロ ✕ 先
予選最終戦に当たった相手ともう一度再戦という形に。何がなんだったかあんまり覚えてないがアロベトで止められて上手く回せなかったのは覚えてる。勝ち筋が数個あったが手札に揃わずいずれも決行できぬまま負けてしまった。隠しに隠してたビーストゲームGXを決めるチャンスだったのになぁ…アロベト倒すターンの前にアローラベトベター出してきたのは流石だった。


3位決定戦(BO3)

VSフェロマッシサンダース ✕✕- 後後
不利マッチ。しかも前日までアホみたいに一緒に練習してくれたみっきーさんが相手。このマッチでは僕の勝ち筋としてサンダースをなんやかんやで倒して、出てきたフェロマッシをビクティニのVビートでいい感じに削ってビーストゲームGX。ベンチを展開してこないデッキなのでコンボを決める意味がなく、デッキに不要カードが多くなってしまいかなりキツい。
1戦目盛大に事故って3分で終わり。2戦目相手の場にフェロマッシ一体で自分の手札にはネストハチマキカウンターエネとVビートでワンパンできるチャンスかと思ったがじゃくてんほけんつけられてしまったので絶望を感じた。フーパで頑張ったがヒモとかグズマとか神使いで上手い感じにやられてしまった。じゃくてんほけん嫌い。



そんなこんなで4位になりました!
僕のブログを見てくださっている方なら分かると思いますが、公式の大型大会では雑魚みたいな結果で終わってた自分がこんなに勝てたのは久しぶりだったので素直に嬉しい結果です!何より予選最そk(ry


自分がこのような結果で終われたのは、前回のブログで書いた課題と全力で向き合ったからだと思っています。前述した通り、萬屋でみっきーさんを始め、おれおちゃんやなっちくん、ハヤテくん、はやとたちとアホみたいにポケカの練習をできたことが功を奏してくれたと思います。練習は裏切りませんね。練習に付き合ってくれた方たちには感謝しかありません。ここに書いてない人たちも含め本当にありがとうございました。




では、勝手にデッキ解説やりたいと思います。
憧れだったのでやらせてください。

これが今回使用したエビサワカポです。

ポケモン

エビワラー 3 サワムラー 2 カポエラー 2
エビワラーが3か4かで別れるところではあるがエビワラースタートしたいとは言ってもたくさんあっても困るので今回は3を選択した。ちなみにこいつらコンボしなくても下技がまあまあ威力あるので忘れてはいけない。

ジラーチ 2
こいつがいないと回らん。ダークオーダーが出た時からの相棒。たまに拗ねてエネとポケモンしか持ってこなかったりする。可愛いやつだ。

ビクティニ 1
Vビートが非常に優秀。別に弱点つかなくても普通に12点だすのは偉い。フェロマッシに殺意を見せていきたいがワンパンするにはハチマキ巻くかククイしないといけないのが難点。

小マッシ 1
このデッキは自分も相手も綺麗に動くとサワムラースペシャルコンボを打ったあとの返しで相手のサイドが4枚になるのでスレッジハンマーとフィニッシュコンボのタイミングが同じになってしまうが前をどうしても倒したい場合には欲しくなったりする。コンボが決まってなくても12点の条件が満たされることは多いのでやっぱり使える1枚。

フーパ 1
なんとなくで入れてみたがヒット&アウェイで前に出しとくとグズマ系を強要できるので悪くはなかった。ユニットエネや虹エネの採用によりワザも打てる。80(ちょうねんりき)+90(スペシャルコンボ)でテテフGXやコケコGXあたりまでなら落とせることに対戦中に気づいた。

カプ・テテフ 1
今日はこいつでサイド6枚どりを決めてしまった。このデッキには欠かせない存在である。ちなみにハチマキ付けて鋼エネついたウルネクにサイコウェーブすると100入るのでスペシャルコンボで落とせるようになる。今日はウルネクとは当たらんかったがレックウザは多かったらしいので当たってたらぶつけてたでしょう。レックは3エネついてたらハチマキ込でワンパンできるのは有名な話。

バリヤード 1
アセロラが嫌いなので封じたかった。でもアセロラが多く入るデッキ(ルガゾロ)にはアロベトも入るので正直いらんかった気もする。

ディアンシー◇ 1
いなきゃあかんやろ。

フェローチェ&マッシブーンGX 1
このデッキで大逆転を狙うスーパーカウンター枠。ジェッパも優秀だがそれ以上にGXワザが鬼強い。ちなみに今日こいつの出番はあったにはあったが札が揃わなかったのでベンチに出ただけになってしまった。フェロマッシサンダース戦での勝ち筋の説明ではいかにも強そうに書いたが、実はサンダースを倒してフェロマッシをハチマキビクティニでワンパンして、カミツルギGXでペラっと最後に1枚めくるほうがやりやすい。



グッズ

ネストボール 4
安定。

いれかえ 4
ネット検索では3枚の人が多かったがアブソルやフラダリラボ出されると面倒なのでボードは2枚に抑えつつ、いれかえは4枚にした。ちなみに僕は最近アブソル強くなくねって思ってきていたので抜いた。

ボード 2
もともと3枚だったが前述の通りいれかえを4にしたのでボードは2になった。

ハチマキ 2
3枚欲しい場面が多かった。打点調整が大事なデッキなのであえてハチマキを付けずにカウンターエネ発動を促すのも大事だったりする。ハチマキディアンシーヒット&アウェイでデデンネは落ちるンネ。

ポケギア3.0 2
前日にもうしくんにピカゼクにジャッジマンされ続けたらキツくない?と言われたので入れてみた。が、ピカゼクにあまりジャッジマンされなかった。でもグズマ欲しい時にジラーチと二重にサーチできたので悪くはなかった。

ハイパーボール 1
使わないカードをトラッシュできるのでリーリエで引ける枚数増やしたりデッキ圧縮できたりする。2枚でも良かった気はする。ポケモンも持ってこれるのは偉い。

レスキュータンカ 1
前に岩手の強い人がタンカは2枚ないと不安だと言っていたので2枚が安定だと思いながらも抜いてしまって1枚になった。まあグラジオ入れたのでサイド落ちしても持ってこれるので大丈夫かなと。

マルチつけかえ 1
最強の1枚。だいたいエビワラーあたりにエネルギーが付いているのでカウンターエネなくてもテテフが1ターンでマジカルスワップできたりする。Vビートもできる。自信のある1枚。と思ってたらバニラビンズさんが使ってた。草。

あなぬけのヒモ 1
2枚入れようと思ってたけどいれかえ4枚あるしいっか、ってなった。正面の敵にスペシャルコンボ入れたいってなった時に使える1枚。



サポート

シロナ 4
手札がポイポイ減るような構築ではないのでシロナが4枚になった。

リーリエ 3
初手にうてば強いみんな大好きリーリエ。

ククイ博士 1
打点調整ができる筋肉博士、ちゃっかり2枚引くこともできる。

グラジオ 1
サイドから欲しいのを持ってこれる最近気に入ってるカード。せせらぎで欲しいカードのサイド落ちを確認できるので使い勝手は悪くない。

グズマ 3
安定。



スタジアム

せせらぎの丘 2
これがないとコンボ展開ができない。むしろこれがあるからネスト4枚だけで済んでるところがある。対戦相手の方はなるべく壊さないでくれ〜。

戒めの祠 1
打点調整のできるスタジアム。ジラサンが岩手で流行してることもあり1枚に留まった。フェロマッシ嫌いになったので2枚にしてもいいかも。



エネルギー

基本闘エネルギー 3
相手のトキワで持ってこれるし3枚はあっていいかなと。

ユニットエネルギー闘妖悪 3
テテフやフーパで殴れる。よく考えたら基本闘エネ2枚でこっち4枚にした方良かった気がする。

レインボーエネルギー 3
フェロマッシでビーストゲームうてたりVビートできたりする。ちなみにエビワラーカポエラーにつけるとHPが80になるのでサンダー戦するときは注意。

カウンターエネ 2
サイドの数負けてれば貼るだけでVビートやマジカルスワップできる。フィニッシュコンボマジカルスワップは最強。



デッキ解説もできたので満足です。戦い方を知らない人が岩手には多かったので勝ち筋を通しやすかったと思います、やっぱり僕はメジャーなデッキよりこういうタイプのデッキの方が好きです。

次に僕が出る予定の大きな大会はシティリーグ埼玉です、特攻隊としてダブルブレイズ環境に突っ込んで火傷してきたいと思います。岩手の皆さんはこれからも対戦練習よろしくお願いします!!

では、ここまで読んでくださってありがとうございました。

2/17 千葉CL公認大会

最近ポケカのやり方を忘れ初心者より勝ち数が少なくなっております、くましんです。シティで一勝しかできずその悔しさを今回のCL公認大会で晴らしてやろうと思って千葉まで行ってきました。

 

結論から言うと晴らすことはできませんでした。

 

なぜこんなにもポケモンカードが上手くできてないのか、自分を客観的に振り返ってみようと思います。振り返ると言っても文章に表すのは下手くそなので特に期待しないでください。あと多分結構ネガティブな内容なので不快に感じた方はごめんなさい。

 

まず、今回使用したデッキですが、超バレットです。カラマネロたくさんたてて相手に応じてアタッカーを使い分けるデッキです。基本はギラティナで殴ります。現環境にダントツに多いピカゼクを大きく意識してイワークが2枚入ってます。あとフェロマッシが水面下で動き出してると聞いたのでその対策にルギアGXを1枚、KBSやサルコケコなどのバラマキにはプレッシャーのミュウツーを採用してました。ウルネクやジラサンにはアブソル入れてりゃなんとかなるやろと思ってました( )

 

次に当日のマッチと反省を書きます。

1戦目 VSピカゼク ✕

めっちゃ緊張してプレイングがいつもの8倍くらい下手くそになってました。基本的にこのデッキはピカゼクには負けません。ギラティナがHP130なのでそれを無限に狩れるコケコGXが早めにバトル場に出てきたのでシャドーインパクトで13点乗せておき、天空の爪をくらって気絶、相手のピカゼクに破れた扉で1点乗せてネクロズマGXのブラックレイGXにて相手のコケコGXを気絶、ピカゼク、ゼラオラデデンネ2体にそれぞれ10点乗せました。返しにエレパフルドライブでネクロズマは気絶し、僕のサイドも相手のサイドもあと1枚という状況、ちなみにピカゼクのHPはあと130でシャドーインパクトで落ちますよね。。。ここで僕はとんでもないプレイングをしました。カラマネロがベンチに3体いるからと後ろのデデンネが残り60だからとテテフのエナジードライブで倒そうとしてしまったのです。ベンチをジラーチで埋め、願い星でグズマを引けず負けました。ジラーチ出してしまった時点で気づきました、破れた扉してシャドーインパクトすれば勝ちやったやんと。時間に押されて焦ってしまった部分もあるので迅速かつ丁寧なプレイングができるようになりたいです。

 

2戦目 VSウルネク ✕

✝︎滅亡の光GX✝︎

 

なんで僕のデッキにはウルネクが入ってないんだろうと考えさせられた試合でした。考えてみたらウルネクのほうが強いっすよね、はい。

 

3戦目 VSピカゼク 〇

ピカゼクってめっちゃ早めに先人の舞してきますよね。相手のトラッシュにエネが5枚、盤面に5枚、うちピカゼクに4枚でゼラオラに1枚。前のターンにデンジ使ってハイパーボールしか持ってこなかったので山にエネないのかなと思いました。先人の舞は使用済。ピカゼクのデッキのエネルギーってだいたい12枚程度だと思ってたのでピカゼクにロストパージGX打ってみました。お察しの通りエネ切れで相手から投了もらって勝ちました。もしかすると僕ってLOの才能はあるのかもしれない。対戦後に相手からこんな負け方したのは初めてですと言われました。僕もこんな勝ち方したのは初めてでした。デッキのエネの枚数は11枚だったそうです。

 

4戦目 VSアゴズガ ✕

先1やぶれかぶれでオワオワリ。

 

 

あっけなくドロップしました。

 

 

4戦しかしてないので印象に残ったところは割と鮮明に書いたつもりです。まず1戦目、勝ち確だったのにそれを逃したのは恥ずべき行為だしマジで自分が嫌いになりました。2戦目、ウルネクの対策をアブソル1枚でやろうとしてたことが愚かでした。アブソル1枚で対策できてたら環境トップには君臨しないですよね。僕も滅亡の光打ちたくなりました。

 

考えれば考えるほどどうして僕のデッキはウルネクじゃないんだろうとなりました、僕は環境デッキを使うことを嫌ってそれをメタるデッキを使う傾向があるのですが、自分はそれが中途半端なんだと思います。メタをはるということは対象のデッキと何戦もして微調整をはかってやっと形になるというものなのに頭だけで考えて、いざ実践となると思うようにいかない。当たり前です。結論を簡単に言うと練習量不足です。

 

課題として今はただ練習するのみです。情報はネットからいくらでも入手できる時代で今では強い人の構築を買ってプレイングも勉強できる、いわばあれは教科書みたいなもんです。教科書は見るだけじゃダメなんだとバイト柄分かってるはずなんですけど努力を怠りました。

 

今回共に行動してくれたみきひこさんとありすさんはいつでも練習相手になると仰ってくれたのでこの課題も解決できる方向に向かっているのかなと思います。この2人には感謝でいっぱいです、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 

 

毎度言ってますが、このままでは終われないのでシティ埼玉に単騎で特攻しますが悪い結果で終わらせないように精一杯頑張ろうと思います。

 

 

ここまで見ていただきありがとうございました、まだまだ未熟で、ブログに書いたことになんの力もありませんがいつか皆に影響を与えられる実績を持ちたいと思います。デッキ相談は真面目に聞きますのでDMなりでご相談していただけたら嬉しいです。では。

1/27 シティ宮城

シティリーグ宮城に参加してきました。1番大変だったのは宮城に向かうための朝の早起きです。

 

使用デッキ:ジラーチサンダー(ス)

CL新潟の時のデッキを現環境に合わせたって感じです。小マッシとか入れたり。てか優勝した人とほぼ同じ。クワガノンとピカゼクに勝ちやすいように若干改造はしました。

 

1戦目 VSばらまきコケコ ×

回転飛行コケコとだけはマッチしたくねえなって思ってたらこれ。いい試合したと思うけど普通に負けた。

 

2戦目 VSズガアゴ ×

最近のズガアゴにはアロベト入らなくなったしいけるやろと思ってたら無限にデンジが来なくてサイドをとりきれなかった。相手のジャッジマンがめちゃ刺さった。

 

3戦目 VSヌオー ○

相手の引き直しでアドを得て喜んでたらモノマネむすね撃たれて、返しでやぶれかぶれしたら止まってくれたのでアサルトサンダーしてた。ビーストリング→エアロトレイルカプサンダーを決められたので気持ちよかった。

 

4戦目 VSアゴレック ×(引き分け)

バトル終盤、次に自分のターンがくれば勝ちというところでスピードランGXをうち、相手にグズマがなければ勝ちだった。どうやら持ってなかったようなのでこのまま自分にターンまわってくるはずが時間切れ。勝てた試合なので悔しい。ちなみに相手のジャッジマンさえなければもっとスムーズに勝ててた。

 

5戦目 シャトレーヌサナニンフ ×

先1でルミタン決められたので後1でカプサンダーを狙いにいったがハイパーボールが来なかったのでミラクルマジカルされて虚無った。無理。

 

そんなわけで1-4でした。雑魚。

4戦目の勝ちは拾いたかったけどプレイの遅さが響いたようなもんなので仕方ない。てかクワガノンは?ピカゼクは??上位層見てもデッキ選択は間違ってなかったように思えるし、何が悪かったのかと言えばマッチ運と普段の行いでしょう。悔しすぎるから千葉でリベンジしてやるわ。ジャッジマンが嫌いになった日でした。

 

 

練習相手は日々募集してますので盛岡の方はお気軽に声を掛けてください。僕から声をかけるかもしれないので警戒せずに都合さえ良ければ対戦よろしくお願いします。
f:id:raythea0912:20190128141814j:image

12/2 初めてのCL

おはようございます、新潟からの帰路で書いております。僕はついにポケカのために新潟まで行ってくるほどガチ勢になってしまったようです。(ほんとは2次受付が締め切らないから誘惑に負けて参加しただけなんだけど)

 

JCSやらCLやら大きい大会は行くのは初めてじゃないんですけど、参加するのは初めてだったのでまあまあ緊張しながら挑んできました。

 

今回使用したデッキは環境トップメタのジラーチサンダー。直前までグレイシアゾロアークジラーチサンダーどちらを使うか大いに悩みました。しかし何戦か重ねてみるとやはりデッキのまわりが良いのはジラーチサンダーの方だったので安定した立ち回りが大好きな僕はこちらを選ぶことにしました。グレイシアゾロアークの相談に乗ってくれた後輩には申し訳ないと思う気持ちと感謝でいっぱいです。

 

当初ジラーチサンダーというデッキタイプが登場してレシピを見ても僕には強さが分からず、とりあえず作ってやってみるかという思いから対戦してみたところ、「なぜか」勝てる。その強さの要因は恐らく †圧倒的速さ† でのサイド先行、そして相手のたねポケを狩ることでペースダウンを誘うこと、何より雷タイプ(特にたねポケ)へのトレーナーズカードの豊富さ、加えてジラーチとサンダーというカードの噛み合い、これらが重なり合うことで環境トップまで上り詰めたのだと解釈しています。

 

今回のCL新潟におけるジラーチサンダーはCL東京におけるロストマーチと同じ道を辿ると言われているのを耳にしましたが、それは違います。CL東京ではロストマーチがメタられていましたが、それまでに強者のレシピが投稿されていなかったこともあり残念ながら環境にはなり得なかったデッキです(多分)。しかし、ジラーチサンダーというのはシティリーグや四天王決定戦で結果を出しており、レシピの公開によってさらに研究され、他のデッキにも対応できる柔軟性を備えたデッキとして、対策をされたとしても十分勝つ見込みのあるデッキだったと思います。(ちなみに僕のデッキはアロベトをたてられたら何もできない)

 

前置きが長くなりましたが、戦績と対戦の反省(覚えてる分だけ)を記録しておきます。

 

CL新潟

参加人数:1394人

使用デッキ:ジラーチサンダー

戦績:5勝2敗1分(221位)

※ちなみに3敗で自動ドロップです、引き分けも負けとなります。

 

1戦目 VSアロキュウマッシルガン ×

早速負けました。このデッキは直前の対戦会において東北でも有名なあのマッシの女に協力してもらって何戦かしたんですが、あの時は全勝してたのでいけるやろと思ってました。しかしこの対戦相手の方のデッキはアセロラやまんたんのくすりといった長期戦を見据えたカードを入れており、こちらはなかなかサイドをとれないまま相手に取り切られて負けました。あんなにタイミングよく回復されたら無理ぽよ。相手のプレイングとデッキ構築を素直に賞賛し、切り替えて次のバトルへ。

 

2戦目 VSグランブル

岩手にはあんまりいないっすよね。先行とってブルー狩り続けて勝ちました。相手の方事故り倒してたのでなんとかなったって感じです。グランブルはワンパンしづらいポケモンなのでブルーを積極的に狙いました。マグマッグは出てこなかったぽよ。

 

3戦目 VSアーゴヨンズガドーン

アロベトのいないアゴズガには勝てます。ベベノムズガドーンと倒しビーストリングを誘い、そこへ2匹目のズガドーンにカプサンダーGX。最後にマーシャドー狩ってオワオワリ。

 

4戦目 VSジラーチサンダー ○

確か特殊エネ軸のジラーチサンダーでした。マッシとかウツロイドとかカグヤとか入ってました。サンダースGXのエレキパワーエレキバレットでサンダーをワンパンしてスレッジハンマーを避けるようにサイドをとりそのテンポのまま勝利。僕はサンダースGXやカプ・コケコGX、カプ・コケコ◇を好んで使っているので特殊エネ軸よりは基本エネ軸のほうが好きです。あとサンダースGXのおかげで基本VS特殊のミラー対決なら多分基本が勝つぽよ。

 

5戦目 VSジラーチサンダー ×

今度は基本エネ軸のジラーチサンダーが相手。サイド先行されたし、相手がサンダースライン2-2で完全に不利だった。保護区を貼った状態でハチマキエレキパワー×2天空の爪でサンダースGXをワンパンし逆転するも、サンダーマウンテンに張り替えられ、2匹目のサンダースGXがたち、ハチマキエレキパワーヘッドボルトで再逆転されて巻き返す手段がなくなり負け。マサキの解析強えって思った瞬間だった。(サンマとエレパ持ってこられたからね)

 

ここまでで3-2、もうあとがない状況に。ちなみにこの時点で僕とがんぽけのスタン勢みんな3-2になってて笑った。

 

6戦目 VSジラーチサンダー ○

ゼラオラが入ってましたね。僕も入れようかと迷ったんですけどGXポケはこれ以上入れたくなかったので渋々除外。後攻からサイドを先行し相手のペース崩して勝ち。ハチマキエレパ天空の爪でゼラオラ落としたのがでかい。そのあとしっかり耐えたのも偉い。ちなみにジラーチサンダー3連戦でした。

 

7戦目 VSグレイシアゾロアーク

なんと、ここにきて僕が裏切ってしまった(?)グレイシアゾロアークが相手。運命だと思いましたね。ここで負けたらマジで後悔するとこだった。先行をとられ、毎ターンエネを貼り順調に展開されましたがアセロラをうたれなかったのでいい感じにサイドとってカプサンダーGXも決められて勝ち。これで5勝になったのでプレイポイント10Ptを獲得。正直ここまできた段階で満足してた。笑

 

8戦目 VSアーゴヨンズガドーン

メタモンが見えたので速攻で狩りにいく。アロベトはたてさせない。この調子なら普通に勝てると思ってゲームを進めていたが、序盤にエネを貼らずにいたことが災いし、サンダーマウンテンをひけば勝ち、ひかなければ時間切れで終了という場面になる。ジラーチ4体を場に出し、ポケモンいれかえ、あなぬけのヒモ、エスケープボードを駆使し4回ねがいぼしを使う、さらにリーリエで4枚引くということをしたが1度もサンダーマウンテンに触れられず引き分け。ここでひいてカプ・コケコGX出してれば勝ってた。プリズムスターのカードだしひけないのは性質上仕方ないがあんだけお願いしてきてくれなかったのは運の尽きというやつかもしれないぽよ。

 

引き分けは負け扱いなのでここでドロップ。目標としていた勝ち越しはできたので初めての大型大会としては個人的には満足のいく結果でした。ジラーチサンダーは当初ネットのレシピを参考に作りましたが、最終的にほとんど自分のオリジナルになりました。シロナ抜きとかデンジ4投とかね。そういうオリジナルのデッキ構築をした上でこういう結果を得られたので自分のデッキ構築力も徐々に上がってきているのだと感じ、これからのモチベにも繋がると思いました。反省点として、デンジでエネ持ってきながらグズマ打ちたい場面がまあまああったので、エネルギースピナーの採用が第一に検討されるかなと思いました。あとアブソルがあんまり役に立たんかった。笑

 

予選のあとはサイドイベントでプレイポイントを稼いでグレイシアGXを2枚もらってきました。4人リーグで僕以外の3人がアゴズガだったのはきっと忘れないでしょう。

 

そんなわけでポケカ三昧の1日で疲れましたが未だにモチベがあるので早くポケカしたいですね。上位者の方々のプレイングや構築を見てると自分もまだまだ強くなれると思うのでこれからもいろんなデッキ作って自分を磨いていこうと思います。とても良い経験になりました。

 

最後に、自分の練習に付き合ってくれた方々、普段から構築の相談に乗ってくれた方々、本当に感謝しています。これからもお付き合いのほどよろしくお願いします。

 

ではでは、おつぽよ〜ノシ

(所々ぽよぽよ言ってすみませんでした)
f:id:raythea0912:20181203092242j:image

11/11 チームプレイ杯

こんにちは、最近パワースクラムしながらチームプレイって言ってるれいすです。(本当はかいてんひこうって言ってるほうが多い)

 

今日はチームプレイ杯という大会に参加してきました。3on3の大会で、僕はぼっちなので全力で仲間を探しに行きました、そのおかげで強いチームを組めたと勝手に思ってます。笑

 

この大会のルールは、3人が1人ずつ違うレギュで対戦していくというものでした。1人はエクストラ、1人はスタン、1人は特殊レギュ。特殊レギュっていうのはGXスタートデッキ2種にちょっとアレンジする‬みたいな感じです。

 

1人2種までのデッキを組み、チームとして6つのデッキを組んで大会に臨みました。ちなみに僕が組んだデッキは、

リーフィアラランテスジュナイパー(特殊レギュ)

サーナイトニンフィア(特殊レギュ)

 

スタンからもエクストラからも逃げた男。それが私( )

 

じゃあ対戦結果言っていきます。

1戦目 VS悪タイプ △

妖デッキで挑みました。相手の盤面にフーパが出てきたのでGXしかいないこのデッキでは勝ち目がないので耐久重視で挑んで時間切れに持ち込みました、引き分け。ディアンシー抜かなきゃまだ戦えてたかな。チームとしては負けだった。

 

2戦目 VS水デッキ ○

草デッキで挑みました。ホエルオー主体のデッキだったので相性もあって完全勝利。回復強い。チームとしても勝ち。

 

3戦目 VS超デッキ ○

妖デッキで挑みました。相手が追加したポケモンヌケニンだったのでサイドはとりづらかったけど、エネの供給が追いつけていなかったので勝ち。インフィニットフォース強い。チームとしても勝ち。

 

4戦目 VS鋼デッキ △

妖デッキで挑んでしまいました( )

相手事故ってたので先行2ターン目にようせいのかぜって言えたら勝ってた。けど言えずに悠長してたらタイプ相性もあってすぐに恐ろしい盤面になってた。ポケモンキャッチャー全部成功させて相手のプラン崩してなんとか引き分けになれた。マジで冷や冷やしながら戦ってた。チームとしては3卓全部引き分けということで引き分け。

 

というわけで個人成績2勝2分、なんと今日は負けてない。僕が担当したレギュでは回復が強いことは明らかだったのでワンパンできる手段をとりながら回復できるデッキを組みました。結果として悪くない成績を収められたのではないかと思います、相性不利がキツかった。

 

チームの成績は2勝1敗1分、12チーム中真ん中の6位。決勝ステージには進めず。残念!

 

3人で戦うので1人1人に責任がのしかかる大会でしたが、みんな楽しんでやってたので良かったと思います。開催してくれた御二方、とても楽しかったです。ありがとうございました。

 

その後暇だったのでポケカポーカーという遊びに混ぜてもらってました。順番決めるじゃんけんで勝って「先行!」と言ってしまったのは良い思い出。ポケカの癖が出てしまいましたね( ̄▽ ̄;)

 

最後にじゃんけん大会がありましたが、最後の最後で勝つことで有名な僕は今回もしっかり最後に勝ちました。アクロマSRありがとうございます^^

 

いやぁ、スタンよりも特殊レギュのほうが楽しかったなぁ…

 

おわり

10/16 萬屋ジムバトル

お久しぶりです、もう1ヶ月も書いてなかったんですね。まあ夏休みも終わったしめちゃくちゃ忙しいんですわ、マジで。

 

今日は最近ジム店舗になった萬屋のジムバトルに参加してきました。前から自主イベントは開催してもらってたんですけど、僕の家がまあまあ近いのでこういうところでさらに頻繁に大会やってくれると嬉しいですね。

 

じゃあ結果と反省言っていきます!

 

レギュ:スタン

人数:5回戦やるくらいの人数

使用デッキ:ジラーチソルガレオ

 

まず軽くデッキ説明を。Wソルガレオデッキにジラーチを入れ、ジラーチにお願いして序盤はボールやアメやドロサポ、後半はグズマを持ってきてもらい最初から最後まで働くジラーチソルガレオデッキとなってます。ソルガレオのウルトラロードと相性が良いのがポイント。

 

1戦目:アロキュウサーナイト

相手の方とは何度も対戦していてデッキを知っていたので、当たったときに最初にごめんと言いました( ̄▽ ̄;)

ターボストライク無双して勝ちました。

 

2戦目:ジュナイパーゾロアーク

相手が中打点のデッキであること、特殊エネに依存している部分が大きいこと、2進化デッキであることから僕のデッキはこのデッキにまあまあ刺さっていたと思います。相手のサイドにアロベトが落ちていたのに救われた部分が大きいのですが。まず、このデッキにメタルゴーグルを採用しています、これによって付けているポケモンジュナイパーのフェザーアローが無効化されます。強い。次に、このデッキにはトリデプスがいます、こいつがいることによって圧倒的優位にたてることができました。特殊エネしか入ってないデッキにはがん刺さりします。強い。そんなわけでジラーチのおかげでしっかり展開できたので勝てました、アロベトサイド落ちしてくれて助かった、マジで。

 

3戦目:カウンターナゲツケサル

岩手だけでなく全国的(?)に有名となっているこの人とこのデッキ。自分が上手く展開できなくて1ターンに1体のコスモッグしかたてられなくて2連続グズマ&ブレイクスルーで狩られまくる。が、なんとかトリデプスをたてることに成功、相手のデッキには特殊エネしか入ってなかったので無敵になった。サイド先行されて逃げ切られそうだったが間に合って勝ち。危なかった。

 

4戦目 バンギラス ×

最近はいろんなバンギラスが出てきたが今回はスピンテールのバンギラスが相手だった。自分的にはまあまあの速度で展開したつもりだったが相手が早すぎてスピンテール無双された。下技のかみちぎるでソルガレオもワンパンされた。トリデプスたてればワンチャンあったが化石がサイド落ちしたので勝てなかった。相手が2進化の割にぶん回ってたので神様がついてたんだと思う。次やるときはもう少し展開が遅いことを祈る。笑

 

5戦目:ジラーチソルガレオ

このマッチングを望んでいた。なにしろこのデッキの組み合わせはこの人から教えてもらったから。差別化するためにゴーグルやトリデプスは入れたけど。というわけで先行をとり、天才的なトップにより相手より早く展開し、相手より早くソルバーストし、ゴーグルでワンパンされないようにして頑張って戦った。自分も相手もジラーチにお願いしてばっかなので時間が足りなかった、ので先に攻撃した自分が勝てた。多分このミラーマッチは先にソルバーストしたほうが勝つ、気がする。

 

はい、4勝1敗で4位でした。いつもここで対戦すると3位以内に入れない、絶対呪われてるよ。まあ、久しぶりに楽しい日でした、環境デッキ使うと胃が痛くなるので自分が好きなデッキを使うのが1番だなって思いました。ジラーチソルガレオが環境になったらどうしよう( )

 

今日はここまでです、読んでくださったみなさんありがとうございました!次はいつ更新できるんだろうなぁ…)ノシ