ラプラスの背に乗って

ポケモンカードについて初心者なりにやっていきます

11/23 シティリーグ宮城

こんにちは、欲求に耐えることができず発売日にソード買ってずっと遊んでました。そろそろ育成に入ってランクマッチ潜っていきたいですね。

はい、研究室の中間発表練習が前日にあったにも関わらずシティリーグに参加してきました。これより前のシティリーグに抽選落ちして悲しくなってたんですけど当日枠狙いで行きました。無事通れたんですけど全然練習できてなかったし、楽しめればいいや感覚で挑んできました。

そういうわけでレポート書こうと思います、現行スタン最後の大会だったしね。


○使用デッキ:3神アロペルミカルゲ

○選択経緯
3神ミカルゲ強いじゃないですか。
けど3神ミラーしたら順当に回れば先攻が勝つんです。
そういうことなんで後攻になっても勝てるように「あとだしハンマー」入れたら強くねってことになったんですけど、ピン刺しにするとブルーでも入れない限り都合よく引けるわけないので数枚入れてリーリエやデデンネで強引に引きにいく構築にしたところ、実際に使うのは0もしくは1枚なので余ったのは意味の無いカードになってしまうのがネックだなとなってました。そこで特性「おはらいばこ」を持ってるアローラニャース入れたらいいんじゃねってことになって、そこまでしたらアローラペルシアンGXも入れたらええやんとなってなんやかんやで完成した感じになります。
レシピは仲間のみっきーに原案を作ってもらって、そこから僕が好きなようにアレンジしました。


○当日のマッチ
予選
1戦目 ゴッパ ✕ 後攻
先1やぶれかぶれに屈した。
何故か己のやぶれかぶれで事故らないゴッパすげえ。

初戦負けしたのでだいぶキツいなあって思って萎えてた。

2戦目 3神ラフ ○ 先攻
相手初手の動きが鈍かった。
引き直しでアロペル見せてしまったのでラフレシアGXが出てきた。だいかいか強かった。

3戦目 ゾロアーク ○ 先攻
先攻とれたので順調にやってった。盤面に3神とアロペルしか出さなかったので相当キツかったと思う。

4戦目 ゴッパ ○ 後攻
先1やぶれかぶれされなかった。あとだしハンマー打っても普通にニコタマ引いてハチマキターボストライクしてくるからゴッパしんどい。ミカルゲを控えに置き打点を上げるようにしつつ、アルティメットレイでしっかりテテフにエネをつけたところ、終盤こっちのテテフのエナドラで相手のテテフ倒せるとこまできてたのでグレキャで呼んで勝てた。熱い試合だった。

5戦目 ゴッパ ○ 先攻
ゴッパ嫌だなあって思ってたら、相手のスタートがやぶれかぶれのマーシャドーだったのできっとゴッパなんだろうなって思いながら展開をしてった。言うて先の2戦は後攻だったからしんどかったのであって、先攻とれたら普通に有利とれるので3神とアロペル駆使して頑張った。ハチマキ+オルジェネ+かすみぎりでもアロペル1回は耐えるのでそこが偉いよね。
ちなみにこの試合で初めてリーリエおはらいばこプレイヤーズセレモニーでたくさんドローできたので楽しかった。


初戦負けからの4連勝で、トップ16までトナメ進出なので1敗までは確定であがれるので8位通過でなんとかトナメ行けました。ちなみに仲間のすずはやくんが5-0の1位で予選通過してました。ゾロアークで1位通過できんのすごくね。


決勝トナメ
1戦目 サーナイト ✕ 先攻
相手がドナルドくんだったのできっとサーナイトなんだろうなって思ってたらほんとにサーナイトだった。サナニンフだったらまだマシだったんだけど…。普通に不利マッチだししんどいなあって思ってた。

僕が勝つには3神でオルジェネ打って、ミカルゲ2体とテテフorアロペルで相手のGX2体を倒すしかなかった。このプランの時点で分かると思うんですけど、3神→ミカルゲミカルゲ→テテフorアロペルで倒されないと僕の負けになるのでリセットスタンプが大事になる試合でした。

1ターン目にしっかりミカルゲ2体並べるのと3神にエネ貼ることができたんですけど、相手はテテフ経由せずにオーキド博士打ってきたのでしんどいなあってなってました。先2でオルジェネしっかり打てたんですけど、後2のインフィニットフォースで落とされたのでプラン通りにいくしかありませんでした。ミカルゲでサナを削って、返しで倒されます。次のミカルゲはダメカン5個乗って、ハッスルベルト持たせたのでシルヴァディ落とせるし、グレキャも持ってたのでリセットスタンプ打ちながら1体しかいないシルヴァディ落とせば多分いけてたのでデデンネ出して強引にリセスタを引きにいったんですけど、無理でした。相手の手札にグズマ系ないことを祈りつつシルヴァディを落としましたが、相手がメイ使ってきたのでグレキャ使われてエルレイドに後ろのGX倒されて負けました。リセスタ1枚しかないし増やせば…って気もしますけどそれはそれで序盤の展開に支障きたしかねないしなあって感じで微妙です。


○感想
当日枠通ったし楽しめればいいやって思ってたのに決勝トナメ上がれたのが驚きでした。コンセプトは一緒のデッキで挑んだみっきーも3-2で惜しくもトナメいけなかったけど、成績で見ればいいデッキだったのかなと思います。ソードばっかやってないでちゃんとデッキ構築と向き合ってればもうちょいいいとこまでいけたのかなって感じです。相性不利すら覆してやりたかったです。すずはやくんもトナメ一没で僕と同じベスト16でした。トナメ1回戦突破の壁は岩手勢には厚いようですね。

ということで現行スタンの大会は終わりました、新スタンも頑張っていきたいですね。それでは、お疲れ様でした。

2019夏アニメ感想

こんにちは、今回はポケカじゃなくてアニメのお話しようと思います。今僕大学4年生なんですけど、高校2年生の時あたりからめちゃんこアニメにハマって、そこから6年近くずっとアニメばっか見てます。あんまり難しいアニメは好きじゃないので可愛い女の子出てくるアニメが好きです。

ということで今期見たアニメの感想を書いていこうと思うので、見てなかったーというアニメがあって面白そうだなって思ったら是非ご覧ください。多少ネタバレ含んでるので注意してください。

じゃあまずランキングから。
評価SS
ダンまち

評価S
変好き
手品先輩
Dr.STONE
炎炎ノ消防隊

評価A
ありふれた職業で世界最強
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?

評価B
異世界チート魔術師

ランク外(継続断念)
とある科学の一方通行
魔王様、リトライ!
ソウナンですか?

載ってないのは見てません、面白いってのあったら教えてください。
評価基準は完全に私の好みなので文句は受け付けません。

評価詳細(SS〜Aまで)
SS
ダンまちⅡ(ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ)
今期で1番期待されていた作品ではないでしょうか。原作はGA文庫によるライトノベルですが、アニメから知ったという人は多いはず。僕もアニメ1期から知りました。天界の日常に退屈した神様たちが下界に降りてきてヒューマン(人間)やエルフたちを眷属(ファミリア)とし、迷宮都市オラリオのダンジョンを攻略させていく物語です。主人公のベル(CV.松岡禎丞)と主神のヘスティア(CV.水瀬いのり)の弱小ファミリアからの成長を綴った1期に続き、2期は少し成長したヘスティアファミリアが更にその先へ手を伸ばそうとするお話でした。前半はアポロンファミリアとの戦争遊戯(ウォーゲーム)、後半はイシュタルファミリアに囚われていたメインヒロイン(?)の春姫(CV.千菅春香)を救い出すお話です。囚われていた、という表現が正しいかは分かりませんけど、事の経緯を話すとめんどいので囚われていたことにしといてください。ちなみに春姫の声優をつとめる千菅春香さんは僕と同じ岩手県盛岡市出身です、テストに出すので覚えておいてください。

そしてですね、この春姫なんですけど、信じられないほど可愛いのです。ルナール(狐人)という設定で髪は金髪ロング、耳と尻尾がかわいらしく、スタイルも良い。僕が今まで見てきたアニメキャラの中でもTOP5には入る可愛さです。多分。正直このアニメの評価がこんなに高いのは春姫によるところが大きい。それほどまでに春姫は美しすぎるし、何より守ってあげたくなる。ガチ恋。春姫の能力を利用しようと神イシュタルに買われ、娼婦として生きる身となり春姫の将来への展望は暗くなる一方だったところをベルくんが必死に助け出そうとするあの一連の流れはとても好きです。ただ、普段ならこのアニメのキャラになりて〜と思うこともしばしばある僕ですが、ベルくんにはなりたくないですね。リゼロのスバルくんの次くらいになりたくない。だってしんどそうだもん。まだまだ書けそうですけど他のもあるのでこのくらいにします。

3期が来年の夏にやるのが決定したみたいなのでダンまち知らないよーって方は是非見てみると良いと思います。


S
・変好き(可愛ければ変態でも好きになってくれますか?)
…タイトルのインパクトが非常に強いですね、エロマンガ先生に引けをとらないくらいには。ご覧の通りこのアニメに出てくる女の子はとっても可愛いのです。可愛いのですが…変態です。どういう風に変態かと言われるとドSだったりドMだったり、露出狂だったり…控えめに言って最高ですね。( )
まず朱鷺原紗雪さん(CV.竹達彩奈)についてですけど、主人公の慧輝くんの部活の先輩です。見た目清楚系でめちゃんこ可愛くておっぱい大きいです。高校生とは思えません。慧輝くんに好意を寄せていますが、それと同時にペットにしてほしいと思ってるドMさんなんですね。ペットにできたらいいのにな。ヤバイですね☆
次に古賀唯花ちゃん(CV.日高里菜)は慧輝くんの後輩ですね。いかにも後輩っぽくてすごく可愛らしいんですけど、彼女は慧輝くんを奴隷にしようと企んでいるドSさんなんですね。毎日こき使われてもいいくらいです。ヤバイですね☆
あと何人かいますが、やっぱり推せるのは慧輝くんの妹の瑞葉ちゃん(CV.本渡楓)ですね。最終話まで唯一の良心という扱いを受けており、とてもよくできた妹でした。詳しくは言いませんが僕もこんな妹が欲しいです。夢見すぎですね。ヤバイですね☆

ということで書いてきましたが、おそらくこの女の子たちよりも僕の方が変態なんだろうなと思いました。このアニメの評価としては、まず女の子が全員可愛い。誰を彼女にしてもいいレベル、こんなハイレベルな高校なんてそうそうない。あとはOPとEDがどちらもすごい良い曲、僕は特にOPが気に入りました。大橋彩香さんが歌ってます。

少し残念だなって思ったのが慧輝くんですね。あんなにアプローチ受けてんのになんで少しも心が揺るがないんだ。ノーパンの先輩のスカートの中見たらなんかアクション起こすやろ、EDか。
…取り乱しましたがこんな感じでした。あんな高校生活送れる男子高校生って世の中に実在するんですかね?するんだったら寿命50年は縮んで欲しいですね。


・手品先輩
このアニメは手品が好きな先輩をメインとした、奇術部のお話です。1本5分くらいのやつが3本で、15分構成になってるので見やすいと思います。先輩(CV.本渡楓)は手品が好きで普段から手品についてばっかり考えている女の子ですが、実際にやるとなると極度のあがり症によりまず成功しません。そんな先輩と助手+部員たちが繰り広げるコメディーアニメです。先輩の魅力は見れば分かる巨乳ですね、最近の女子高生は発達がすごい。ぶっちゃけおっぱい見てたらいつの間にか15分経ってたみたいなアニメです。助手くんは健全な男子高生なので個人的に変好きより男主人公の評価は高いです。

残念なところは特にないです。15分という時間もジャンル的にちょうどいい思います。おっぱい好きな人は是非見てみてください。普段の生活に疲れたという人も見てみると疲れが吹き飛ぶと思います。コメディーアニメ故に、心にくる感動というものは薄いのでダンまちよりは低いかなってとこでした。


Dr.STONE
僕大学で化学専攻してるんですけど、まさにこれは化学のアニメって感じで僕は好きでした。舞台は現代日本、ではなく突如謎の光によって人類全てが石化し、現代から3700年後の文明が全て滅んだ世界。なにかの拍子に石化が解け、1人活動を始めた主人公の石神千空が、持ち前の天才的科学技術で滅んだ文明を再び発展させていく物語。現地調達で様々なものを発明していく千空たちには感動を覚えるほどでした、化学の楽しさってのが分かると思います。と言っても簡単にものが作れたりするわけではなく、ひたすら実験を繰り返していく化学らしさってのもあると感じました。あと猫じゃらしラーメンとか食べたくはないけどすげえなって思いました。

残念なところは特にありません。2クールやるみたいなのでもう半分ありますね、是非ご覧ください!!


炎炎ノ消防隊
このアニメはアクション系ですね。人体が突如発火し焔人(ほむらびと)となってしまう現象が相次ぐ世界が舞台。特殊消防隊員となった主人公の森羅日下部は、足から炎を発する能力で焔人を鎮魂させていきます。なぜ人体が突然発火してしまうのか、その謎に迫っていく中で森羅たちが知る驚愕の事実とは…。

なぜかPRみたいになりましたけど、とても面白いアニメでした。アクション系ってなると戦闘シーンが如何に派手に見せれるかってのが鍵になると思うんですけど、非常にスピーディーながらユニークな見せ方だったと思います。消防隊員一人一人の能力が炎に関係したものながらも全然違うってのが特徴的でした。消防隊でも能力がある人ない人、世代が新しい人古い人がおり、その人たちの関係性ってのもなかなか見どころかなと思います。

あとこのアニメに出てくる女の子みんな可愛いんですよね。特に環ちゃん(CV.悠木碧)がやばい。この子の「ラッキースケベられ」体質がすごい良いですね、是非僕の前にもそんな女の子が現れて欲しいものです。僕が猫みたいな女の子が好きなのかなと気づかせてくれた子でした。

残念な点も特にありません、これも2クールあります!
是非見ましょう!!

(Sランクは、変好きと手品先輩には可愛い補正が入ってるのでどちらかというとAに近いかもしれません)

A
・ありふれた職業で世界最強
ありふれた職業で…というよりまさにありふれた異世界アニメの1つ。突如クラスメイト+先生ごと異世界に飛ばされ、それぞれ適正職業を与えられるのですが、主人公のハジメくんはありふれた職業(錬金術師)となってしまい、クラスメイトたちと迷宮攻略に挑んだところ、クラスメイトに背後から攻撃を受けてしまい奈落の底に落ちてしまいます。絶望的状況の中から死に物狂いで生き延びようとするハジメくん…世界最強というタイトルではありますが最初からチート級というわけでもないんですね。迷宮から抜け出す過程で吸血鬼のユエと出会います、めちゃんこ可愛いです。ダンまちのアイズみたいな感じの子。もう1人うさ耳のシアちゃんもいるんですが、僕はこっちの子のほうが好きですね。あとドMの女ドラゴンとかもいるんですけど、なんで主人公って存在はこうも女の子に囲まれる運命にあるんでしょうね。うらやまけしからん。

女の子は可愛いしストーリーの展開も嫌いじゃないんですけど、異世界系っていうだけで採点厳しくなっちゃうんですよね。このすばやリゼロに並ぶかと言われると多分及んでないかなと思います。あと序盤登場人物2人しかいなくてマジで退屈だった。


・お母好き(通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?)
タイトルのインパクトが変好きとは違う意味で強すぎる。多分こんなコンセプトの作品は初なのかな?お母さんをメインとした物語になります。主人公の真人くんは思春期真っ只中で見た目が若すぎる母の真々子さんに苦手意識を持っており、なんやかんやあって母親同伴のオンラインゲーム「MMMMMORPG(仮)」に参加させられることに。目的は親子の仲直りということで真人くんは真々子さんと一緒にゲームを攻略することに。勇者という職業を得た真人くんはカッコよく攻略を進めていこうとするが、チート級の強さを最初から与えられた真々子さんが真人くんの活躍の場を全て奪ってしまっちゃう、そんな真々子さんの物語となります。

コンセプトが他作品と被らないっていう面ではすごい面白いなって思いました。真々子さんが母親ではあっても可愛すぎるんですよね。あ、CV.茅野愛衣さんになります。真々子さんもおっぱい大きいので今期のアニメ、ってか最近のアニメはそこらへんで視聴者を誘い込もうとしてる感がありますね、まあ見てる分には全然いいんですけど。正直こんな可愛い母親なんて実在してもらっても困るので作品の中のキャラで良かったなと思います。

良くない点、というか良い点が真々子さんが可愛い以外に特にありません。ストーリーも別に面白くないし、真人くんのツッコミも在り来りで普通に流しちゃいますね。ただ真々子さんが可愛かったので最後まで見れました。真人くんのパーティは真々子さん以外にあと3人の女の子がいるんですけど、メディちゃん可愛かったけど途中からやたら闇属性になっちゃったので、うわぁってなりました。あとの2人は特に感情は入りませんでした。

でもOPがすごい良くて、この曲からスピラ・スピカさんのファンになりました。1度聞いたらハマるので是非ご視聴ください。ということで、真々子さんの可愛さとOPの良さからギリギリAになりました。





といった感じの評価です!
B以降は特に喋ることも無い…というか批判がメインになりそうなのでやめときます。


最後に、テレビ放送終わっちゃったアニメってどうやって見ればええの?という感じになっちゃった方へ、おすすめの視聴方法を紹介しようと思います。僕自身全て試したわけでもないので参考程度にしてください。


dアニメストア
docomoがやってるアニメ専用サービスになります。
月額440円(10月以降)で3000作品近くのアニメを視聴できます。名前にアニメと入ってるだけあって、この値段でこのアニメの量はとんでもないです。毎シーズンのアニメはもちろん、名作のアニメはだいたいあります。その他にはアニメにちなんだ舞台などもちらほら見かけます。アニメ視聴サービスとしては最安値になるので、是非ご検討ください!あ、docomoじゃなくても見れますよ。

Amazonプライムビデオ
Amazonのアニメサービスになります。
月額500円、もしくは年額4900円で契約可能です。dアニメよりアニメ数は少ないのであれなんですけど、Amazonプライムの恩恵が受けれるのでアニメだけじゃなくて普通におすすめです。外に出るのが面倒でAmazon使いたいし、アニメも見たいという方はこれでもいいかもしれません。ちなみに僕はdアニメとAmazonプライムの二刀流です。

〇アニメ放題
なんかソフトバンクの人が使うにはすごい良いらしい(docomoユーザー並感)。よく分からんのでソフトバンクの人はネットで調べてみてください。

〇U-NEXT
月額2000円くらい。めちゃめちゃ高い、が、映画とかドラマとかもたくさん見れるらしい。だが高いので僕は契約しない。

〇Hulu
月額1000円くらい。作品数も多くなく、dアニメに勝る点が思い当たらないので契約してません。

Netflix
コースが3つあり、800円、1200円、1800円に別れている。アニメ数は多くなく、新作アニメも少ないようなので契約してません。

なんか贔屓目になりましたけど、どのサービスにも無料期間があるのでいろいろ試してみてください。僕は契約してる2つの他にはHuluしか試したことがありません。

青森ケルディオ杯の環境予測

こんにちは、今回は7月6日に行われるケルディオ杯青森場所の環境を考察します。去年ド素人の僕が参加した時は予選9位で決勝に惜しくも進めなかったのを覚えています。確かあの時は裂空のカリスマが出た後で、レックウザGXとマッシブーンGXあたりが猛威を奮ってて、戒めの祠強いなーって思ってコケコマニュwithUMAみたいなデッキでばらまいて遊んでました。(岩手ケルディオ杯でもエビサワカポでばらまいてたなこいつ)


ってことで今年は行く手段がなくて出られそうにないので環境考察とかやって環境を更に歪めて楽しい楽しい大会にしてあげようと思います!笑


Tierの基準
1・・・強い。みんな使う。
2・・・デッキに対して強い思いが見られる者たちが使う。こういうデッキ使う人は練度が高いので注意。
3・・・環境を歪める者たち。カードのテキスト知らないやつが出てきたときはやばいぞ。

Tier1
レシリザ
スペネク
M2M
マタドガス( )

Tier2
ゾロアーク
ピカゼク
サーナイト
パンプジン

Tier3
ウルネク、ブラッキーダークライカメックスズガドーンアーゴヨン、ジラサン、モクローナッシー、デスカーンリザードン、ヤドコダラプラス、サナニンフ、エルフーンフーパブラッキーエンニュートHand、ルカメタHand、アイアントなど


まあポケモンカードだしデッキの可能性は無限にあるから並べるとキリがないのでこのくらいにしときます。


Tier1にレシリザ置いといたけど、上にあがってこれるくらいにレシリザ使える人って言うとまあそこまで多くない気がする。てなると個人的Tier表では超タイプしかいなくなりますね。でも戦い方が全てのデッキによって違うので簡単に書こうと思います。


スペネク
JCSで猛威を奮って有名になったデッキ。ネクロズマスペシャルレーザー160点という非エクとは思えない火力を出してくる。お馴染みサイコリチャージで戦ってくるのでベンチを狭めるウソッキーとか、展開のためにジラーチがいるのでアブソルがいるとテンポを崩せる、かもしれない。呪いのお札がかなり仕事するのでブロアーは必須。あと締めとしてネクロズマGXのブラックレイGXがあるのでGXメインのデッキ使う方はサイド6枚どりとかされないように気をつけてポケモンを出しましょう。


M2M
いろんな型があってなんとも言えないけど、今のところ流行っているのはチルタリスGXやラティオスGXなどのワザをパクって無敵になるM2M。2種類のリザードンGXと組んでとんでもない火力を出してくるM2M。オンバーンGXのワザでグッズロックしてきたりするM2M。こいつらはゾロアーク以上に誰とでも組めちゃうので対戦する際は早めにデッキのタイプを知ることが大事。無敵M2Mはいる気がすると思うのでGXメインで組む時は何かしらの対策は必須。2種類のリザードンGXと組むやつは、余裕で300点飛ばしてきたり、レイジングアウトGXで山めっちゃ枯らされるのでそこにも注意してないといけない。

マタドガス
…まあ、強いからTier1ってことにしといてください。今のばらまきデッキと言えば間違いなくこれ。僕自身も結構好んで使ってる。デッキ登録の件はもう忘れてくれ。気がついたらダメカンがめちゃくちゃたまってる。たねポケモンかつGXだったりしたら1ターンでとんでもない量のダメカンが乗るので絶望してくれ。正直これに強いデッキはあんまりない。最近はゼブライカ型が多いので三鳥は苦手かもしれない。あと非エクの進化デッキに対しては無力。あとはワンダーラビリンスとかも刺さるときがある。


Tier1に書いたデッキの動き方とか対策方法とかは書いてみましたが、もちろんこれらばっかりじゃないし、むしろこれらに当たることの方が少ないかもしれません。これ以上書くのはしんどいのでこのデッキにはどうすればいいの!?とかあったらTwitterとかで聞いてください。僕なりの考えでよければ答えたいと思います。


新弾の情報が少しずつ出始めてますが、ポケモンで今のとこ強そうなのは超ズガドーンくらいですね。マタドガスにもスペネクにも入る。サイド3枚になる時は気をつけましょう。

タッグチームは正直どれも微妙、テルリザは強いかと言われれば強いけどレシリザの方が火力出してくるのでうーんという感じ。バナージャは起動するのに時間かかりそうだし何より草タイプ。ライフフォレストやナタネの他にもグレートポーションとかあるし時間は稼げそうだけど炎は無理でしょ。カメッチャマも動き出すのに時間かかりそう、レシリザとかテルリザワンパンは偉いけどさ。



これらを踏まえて僕がおすすめするデッキは…



メルカリゾロアーク


↓参考記事
https://note.mu/teamtokiwa/n/n9e023b6ab52f

レシリザに関しては記事に書いてある動かし方で良くて、スペネクに関してはカラマネロ倒して手札無くせば後続がたちにくい。マタドガスに関しては捨てたくない札が多いのでムサコジマタドガスで阻害すると割と詰まる。あとはライオットビートしてれば勝てる、多分。


あ、次のトレリ僕これ使うんでよろしく。


というわけで青森ケルディオ杯出る方は頑張ってください。一応自分ケルディオ杯ではそこそこまあまあな成績(?)出してるのでこの記事は信用可です。


【06/26更新】
アロペルやばくね?みんなアロペル使おう。

3/23 シティリーグ埼玉

助けてください、ポケモンカードよわよわ侍になりました。マジでメンタルがこんにゃくレベル。

はい、シティリーグ埼玉へ出てきました。成績が良くなくてブログ書くのも正直だるいけど自分を戒めてかないと強くなれないと思ったので書きます。

○環境考察
ダブルブレイズ発売から3週間ほどがたち、レジリザ環境からも少し変わり頭を見せてきたのがジュゴン、ピカゼク。逆にウルネクや小ズガ単はめっきり減ったのかなという感じ。岩手の環境すらよく分かってなかったので都会の環境考察なんて余裕でガバガバなんですわ。

特筆すべきはまずジュゴン。トリプル加速エネルギー(以降サンタマ)で60ダメージを2体に飛ばせるという、よく考えたらぶっ壊れ性能を持ったポケモン。これによりゾロアメタモンマーイーカあたりはしっかり2体持ってかれる。ちなみにバトル場の小ズガやボルケニオンも飛ぶ。あと破れた扉のギラティナを採用することでジラーチなどのHP70まで見ることができる。ただしサンタマは使ったらトラッシュという性質上安定性がよろしくない。たねポケ狩りとして活躍するのが序盤からという形(もちろん中盤、終盤も出番はなくはない)なのでサンタマが2ターン目までに来なければいけなく、パウワウからジュゴンに進化させないといけないので割と求められてることは多い。よってジュゴンと組み合わせられる相方はゾロアークGXに落ち着く。ダブルブレイズ発売当初はやはりタッグチーム環境だったためレシリザが大きく注目を集めたが、数週間たてば頭の良い人たちが他のカードを使って結果を残すため小ズガのデッキが登場し、それをメタるためにジュゴンが出てきたという流れなのでこの時期にジュゴンが出てきたのも納得はできる。ゾロアークGXと相性が良いルガルガンGXの役割にも疑問を持たれていた時期と重なり、ペルシアンGXが提案され、いろいろあってゾロアークGX+ペルシアンGX+ジュゴンというデッキができた。ゾロアークGXのデッキあんま使うの得意じゃないから合ってるかは分からん。

ということでルガルガンGXがゾロアークGXと別れたデッキが多くなり、前述のデッキはピカゼクに大きく不利をとるデッキとなってしまった、もともと不利だったけど。傷をえぐるヨーギラスで頑張ってるのはよく見るけどやっぱりピカゼクは重そう。

そしてレシリザ。サポートするカードが優秀すぎるため第一線から退いてしまったとは言ってもまだまだ現役。tier2くらいかな。230点は1進化GXをワンパンでき、ハチマキつければ260までのタッグチームはワンパンできるのでやっぱり強い。ただしエネルギーが多いので初手で事故るのはよくある。

○使用デッキ
考えが浅はかな僕でもここらへんまでは考えてたのでどのデッキを使うかとても悩みました。大会前まで好んで使っていたのはデスカーン+ギラティナ(以降デスギラ)、ブルー型炎バレットでした。しかし、ゾロアークGXの流行によりアローラベトベトンが増加しデスギラでは戦いにくい環境だったので炎バレットで挑む、ということになりました。新しいデッキを作る気はポケカへのモチベの低下もあってあまりありませんでした、はい。ただし、この時点での炎バレットはボルケニオンを4枚入れることでジラーチサンダーへの対面性能を上げていたのですがゾロアークGXが重いため1枚へと数を減らしました。次に、ヒードラン(ひのたま)でウルネクをはじめとするマーイーカ採用のデッキを見ようとしていたのですが前述の通りジュゴンにより数を減らすと考え2枚→0枚に。また、レシリザミラーなどを考えたときに青天井の火力が欲しいと思ったためズガドーンGXとビーストリングを採用しました。ブルーでビーストリングを持ってきてエネ加速出来るのは強いってフェロマッシに教えてもらったので。ゾロアークGXへの対応はイーブイ&カビゴンGXとカウンターゲインの採用で奇襲をかけることとしました。ということでレシピはこちらになります。

○各カードの簡単な採用理由
ポケモン
レシリザ 2
主力。3枚にすると先行レシリザスタートしたときの溶接工が無類の強さを誇るがイーブイ&カビゴンGXの影響で2枚に。

イカビ 1
ゾロアークGXやペルシアンGX、エルフーンGXをワンパンでしばける。溶接工もあるのでエネルギーは結構つく。メガトンフレンズGXで手札事故もなんとかなる、かもしれない。

ズガドーンGX 2
タッグチームをこいつで倒すとサイドレースが有利になる青天井ポケ。ブルー→ビーストリングによる加速が強いため2枚採用。1エネでバーストGXを打てるので締めにも使える。

ボルケニオン 1
もともとはジラーチサンダーに有利に出るために採用していたカードだったがピンポイントすぎたので後攻スタートケアとしての役割で1枚となった。要するに高熱爆破よりフレアスターターの需要が大きかったということ。

・グッズ
火打石 4
3枚にしてる構築をたまに見かけるがこのデッキはエネルギーを14枚と多めに採用してるため山からエネルギーを減らさないと事故に繋がる。初動で使いたいので絶対4枚。

ネスト 4
みんなたねポケ。

ポケギア3.0 4
ブルー型だから。

炎の結晶 1
2枚にするか悩んだけど1枚で足りた。エネ管理が大事。

カスタムキャッチャー 4
少し前まではポケモンキャッチャーだったがチキってしまったのでカスタムキャッチャーになった。ブルーで揃えられるので普通に強い。

ビーストリング 2
ズガドーンGXが最強になるカード。1枚使えたら十分。

ポケモンいれかえ 1
後攻フレアスターターしたいので。

あなぬけのヒモ 1
ポケモンいれかえをヒモにして2枚採用でも良かったかもしれない。あんまり倒したいやつ前にいなかった。

ハチマキ 2
ピカゼク、サナニンフ、レシリザあたりにはこれがないと倒せない。

カウンターゲイン 1
後攻フレアスターターしてボルケニオンが狩られると発動できる。ブイカビやレシリザが手張り+溶接工で動けたりするので悪くはなかった。

きずぐすり 1
相手の確定数ずらすために入れた。悪くは無い。

・サポート
ブルーの探索 4
メインヒロインその1。ジャッジマンなどによる手札事故が多発する世の中でこの子が救ってくれるようになっている。いわば救いの女神。ブルー型にするとテンポが遅れるなどという声も多いがそこらへんはビーストリングとかフレアスターターでカバーすれば問題ない。

溶接工 4
メインヒロインその2。いるのが当たり前すぎて特に話すこともないが感謝を忘れてはいけない。ぶっ壊れカードである。

グズマ 2
カスタムキャッチャーもあるので2枚。基本ブルーか溶接工打つので他のサポは控えめ。

アセロラ 1
負け筋をなくすための1枚。

リーリエ 1
好きだから入れた。初手に手札に来ることはなく使わなかった。一応ジャッジマンからの回復札となっている。

ジャッジマン 1
本当は手札干渉にサポ権使いたくないが、やぶれかぶれできないので仕方なく入れた。

・スタジアム
ヒートファクトリー◇ 1
入れない理由を探す方が難しい。

無人発電所 1
ゾロアークGXとエルフーンGXとピカゼクを止めたかった。

・エネルギー
基本炎エネルギー 14
ビックリヘッドするとロストゾーンにいって炎の結晶で回収できないため多めの14枚。

○不採用カード
バクガメス
青天井だが起動するには溶接工が必須なため結構キツい。構築段階でも早めに抜けてった。

・ブースターGX
今考えると環境的にいい刺さり方してるので採用しても良かったんじゃないかなと思った。ただし進化ポケなので枠がキツい。

・まんたんのくすり
レシリザとは相性が悪いことで有名なので。。。

○なんで採用しなかったんだろうカード
・ワンダーラビリンス◇
数日後の地元のジムバトルで同じデッキを使用し、ワンラビ入れてみたら面白いくらいに刺さったので入れれば良かった。フレアストライク打ってからワンラビ張って相手のポケモン倒すとテンポを掴める。

○当日のマッチング
1回戦 VSジラサンUB ✕
後攻。緊張してプレミかました。ネストボールでレシリザ持ってこようとしたのに「対象なしで。」ベンチアウトして負け。アホか。

2回戦 VSエビサワカポ ○
後攻。相手が思ったように動けてなかったようなのでなんとかなった。ジャッジマンが相手に刺さったようだった。ナマコブシの6点が結構痛かった。

3回戦 VSレシリザブースター ✕
後攻。お互いレシリザスタートだったので後1逆鱗でフレアストライク圏内にしたがアセロラで回収されヒートステージされてまったく逆の立場に。溶接工引けなくてブースターGXをハチマキダブルブレイズGXで無理やり飛ばしたのが祟ったようで、あそこでフレアストライクを打ててればブースターGX→レシリザ→バーストGXでキレイに決められたはずだった。残念。

4回戦 VSウルネク ○
先行。ブイカビスタート。全然ウルネク出てこなかったしイカも進化できてなかったのでただひたすらにダンププレスしてた。気づいたら勝ってた。

5回戦 VSルガゾロアロキュウ ✕
後攻。相手先1ジャッジマンしたくせに事故らなかった。僕は事故った。それだけ。

6回戦 VSランドロス+マーシャドー&カイリキーGX ✕
後攻。すっごいプレミして負けた。なんであんなプレミしたのか未だに分からないが言うのも恥ずかしいのでやめます。ポケカ引退レベル。

そんなわけで2-4。64位。100人参加だったので64位までポイントが入るということで滑り込みポイント獲得。ちょっと嬉しかった。ちなみに1回戦と3回戦で戦った人は決勝トーナメント進出してたのですごいなあってなってた。

今回のシティ埼玉はこんな感じでした。優勝はピカゼク。後ろから見てたけど後1フルドライブ決めたりで理想ムーブしかしてなかったのでポケカの神に愛されてたんだなと思いました。相手にフェアリーチャーム雷1枚も引かせてないのも流石だった。

○反省点
まずメンタル、1人で行ったからってガチガチになってポケモンカードをするな。次に環境考察、岩手があれだからかもしれないがまだ甘い。そしてモチベーション、環境デッキせめて10個くらい作って回し方くらい覚えろ、2個しかなかったって舐めてんのか。あとはプレイング、メンタルと関係するかもしれないけどそれは練度の低さが物語ってるから練習はもっとやれ。一人回しも怠らずやれ。

お見苦しいところをお見せしました。失礼しました。

来週はもうジージーエンド発売ですね。CL京都頑張っていくので次は反省点をしっかり踏まえて頑張りたいと思います、いつも仲良くしてくださってる皆さん、これからも練習のお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

以上、大学の研究室の英論発表と就活に追われてポケカどころではないくましんからでした!!

2/23 第4回岩手ケルディオ杯

こんにちは、最近ポケカばっかりするようになったくましんです。今日は岩手オーガナイザーさんたち(自分除く)による大型イベントのケルディオ杯に参加してきました。イベントを開催していただきありがとうございました。


今回のケルディオ杯は予選1st stage、2nd stageに分かれており、1st stageは一勝することで突破、2nd stageは三連勝することで突破というものでした(ちょっと違うけどだいたい合ってる)。


予選を突破して本戦に進めるのは8名のみであり、予選がガンスリンガー形式であったのでスピードの高いデッキを握るのが妥当なのだと思います。


結果を先に言っておきますと、予選は1stから4連勝で突破、本戦は準決勝で敗退し、3位決定戦も敗退で4位でした。


では、使用デッキとマッチングを話していきます。その次にデッキ解説したいです。



使用デッキ:エビサワカポ
参加人数:48人

コンボで有名なあのデッキ。
1エネで動けることからレインボーエネルギーが入れられ、バラマキによったデッキタイプであるためカウンターエネも採用でき、非常に多くのデッキを見ることができるデッキ、多分。

予選1st stage
VSピカゼク 〇
初戦から環境トップのピカゼクと対面、タイプ相性で言えば有利っちゃ有利、ジャッジマンやぶれかぶれでぐちゃぐちゃにされるとしんどい。
フーパをちらつかせてサンダーをベンチに呼び込み、弱点なしのカプ・コケコGXが出てきました。フーパのちょうねんりきでコケコGXに8点、次にピカゼクにハチマキディアンシーヒット&アウェイで16点。スペシャルコンボでコケコGXに9点で気絶。最後にフィニッシュコンボしてマジカルスワップで4枚とって勝ち。ジャッジマンがないから勝てたようなもん。でもキレイに回ってコンボしたので気分は良かった。


予選2nd stage
VSフェロマッシフシギバナ
初手カミツルギフシギダネ2体が見え、なんだこれと思って先行1ターン目は無難に展開。相手のターンにブルー使ってきたことでフェロマッシだと把握。ジェットパンチを打たれてゆく。2進化デッキな以上相手もベンチを出さざるを得ないようでしっかりフル展開してきてくれたところでフィニッシュコンボ。フシギダネカミツルギもHP70なので耐えてくれる。最後はマジカルスワップでサイド6枚とって勝ち。案外コンボ決まるもんだなあと思った。


VSメタモン◇ 〇
ヒット&アウェイ。


VSルガゾロ 〇
先行取られたが全然展開してこないので正面のアロベトをディアンシーヒット&アウェイで倒す。次のターンにゾロアークが一体、ベンチにゾロアが一体だったのでスペシャルコンボでゾロアを気絶させる。そしたら相手がベンチにゾロアゾロアイワンコ(HP60)メタモン◇を並べてきてくれたのでフィニッシュコンボでサイド4枚とって勝ち。


これで2nd stage三連勝なので本戦進出、なんと最速。2戦目が大きかったかな( )

予選と本戦はデッキ交換ありだったのですがまさかここまで勝てるとは思ってなかったので全勝したこのデッキを信じてそのまま本戦へ。

ちなみに本戦用に作ってたフェロマッシサンダースは今日は使わなかった、ごめんよ。泣



本戦
VSピカゼク 〇 後
岩手最強のちくわケバブが相手。アブソルでスタートされ、自分は小マッシ。初手やぶれかぶれにあい負けたかあって思ったらリーリエきてくれたので密かに愛を誓いつつドロー。なんか上手くまわせそうにない手札ばっかりでディアンシーすら出せずスレッジハンマー60点。返しのターンにレックの疾風怒濤でエネルギーつけかえが2枚落ちる。ピカゼクがバトル場に来てエネが2枚ついたがそこから殴って来なかったのでまだいけると思ったがククイ博士を打つしかなくスレッジハンマー140点、ディアンシーは出せた。フルドライブでこっちのポケモンが気絶し、返しにヒット&アウェイでピカゼクが気絶、でかい。相手がテテフで殴る方針に変えてきたのでグズマでレックを前に出しつつテテフにスペシャルコンボ。エナドラで小マッシが気絶したのでカポエラーのフィニッシュコンボで前のテテフと後ろのアブソル気絶させて3枚とって勝ち。終始微妙な手札だったが綺麗に回った。



VSルガゾロ ✕ 先
予選最終戦に当たった相手ともう一度再戦という形に。何がなんだったかあんまり覚えてないがアロベトで止められて上手く回せなかったのは覚えてる。勝ち筋が数個あったが手札に揃わずいずれも決行できぬまま負けてしまった。隠しに隠してたビーストゲームGXを決めるチャンスだったのになぁ…アロベト倒すターンの前にアローラベトベター出してきたのは流石だった。


3位決定戦(BO3)

VSフェロマッシサンダース ✕✕- 後後
不利マッチ。しかも前日までアホみたいに一緒に練習してくれたみっきーさんが相手。このマッチでは僕の勝ち筋としてサンダースをなんやかんやで倒して、出てきたフェロマッシをビクティニのVビートでいい感じに削ってビーストゲームGX。ベンチを展開してこないデッキなのでコンボを決める意味がなく、デッキに不要カードが多くなってしまいかなりキツい。
1戦目盛大に事故って3分で終わり。2戦目相手の場にフェロマッシ一体で自分の手札にはネストハチマキカウンターエネとVビートでワンパンできるチャンスかと思ったがじゃくてんほけんつけられてしまったので絶望を感じた。フーパで頑張ったがヒモとかグズマとか神使いで上手い感じにやられてしまった。じゃくてんほけん嫌い。



そんなこんなで4位になりました!
僕のブログを見てくださっている方なら分かると思いますが、公式の大型大会では雑魚みたいな結果で終わってた自分がこんなに勝てたのは久しぶりだったので素直に嬉しい結果です!何より予選最そk(ry


自分がこのような結果で終われたのは、前回のブログで書いた課題と全力で向き合ったからだと思っています。前述した通り、萬屋でみっきーさんを始め、おれおちゃんやなっちくん、ハヤテくん、はやとたちとアホみたいにポケカの練習をできたことが功を奏してくれたと思います。練習は裏切りませんね。練習に付き合ってくれた方たちには感謝しかありません。ここに書いてない人たちも含め本当にありがとうございました。




では、勝手にデッキ解説やりたいと思います。
憧れだったのでやらせてください。

これが今回使用したエビサワカポです。

ポケモン

エビワラー 3 サワムラー 2 カポエラー 2
エビワラーが3か4かで別れるところではあるがエビワラースタートしたいとは言ってもたくさんあっても困るので今回は3を選択した。ちなみにこいつらコンボしなくても下技がまあまあ威力あるので忘れてはいけない。

ジラーチ 2
こいつがいないと回らん。ダークオーダーが出た時からの相棒。たまに拗ねてエネとポケモンしか持ってこなかったりする。可愛いやつだ。

ビクティニ 1
Vビートが非常に優秀。別に弱点つかなくても普通に12点だすのは偉い。フェロマッシに殺意を見せていきたいがワンパンするにはハチマキ巻くかククイしないといけないのが難点。

小マッシ 1
このデッキは自分も相手も綺麗に動くとサワムラースペシャルコンボを打ったあとの返しで相手のサイドが4枚になるのでスレッジハンマーとフィニッシュコンボのタイミングが同じになってしまうが前をどうしても倒したい場合には欲しくなったりする。コンボが決まってなくても12点の条件が満たされることは多いのでやっぱり使える1枚。

フーパ 1
なんとなくで入れてみたがヒット&アウェイで前に出しとくとグズマ系を強要できるので悪くはなかった。ユニットエネや虹エネの採用によりワザも打てる。80(ちょうねんりき)+90(スペシャルコンボ)でテテフGXやコケコGXあたりまでなら落とせることに対戦中に気づいた。

カプ・テテフ 1
今日はこいつでサイド6枚どりを決めてしまった。このデッキには欠かせない存在である。ちなみにハチマキ付けて鋼エネついたウルネクにサイコウェーブすると100入るのでスペシャルコンボで落とせるようになる。今日はウルネクとは当たらんかったがレックウザは多かったらしいので当たってたらぶつけてたでしょう。レックは3エネついてたらハチマキ込でワンパンできるのは有名な話。

バリヤード 1
アセロラが嫌いなので封じたかった。でもアセロラが多く入るデッキ(ルガゾロ)にはアロベトも入るので正直いらんかった気もする。

ディアンシー◇ 1
いなきゃあかんやろ。

フェローチェ&マッシブーンGX 1
このデッキで大逆転を狙うスーパーカウンター枠。ジェッパも優秀だがそれ以上にGXワザが鬼強い。ちなみに今日こいつの出番はあったにはあったが札が揃わなかったのでベンチに出ただけになってしまった。フェロマッシサンダース戦での勝ち筋の説明ではいかにも強そうに書いたが、実はサンダースを倒してフェロマッシをハチマキビクティニでワンパンして、カミツルギGXでペラっと最後に1枚めくるほうがやりやすい。



グッズ

ネストボール 4
安定。

いれかえ 4
ネット検索では3枚の人が多かったがアブソルやフラダリラボ出されると面倒なのでボードは2枚に抑えつつ、いれかえは4枚にした。ちなみに僕は最近アブソル強くなくねって思ってきていたので抜いた。

ボード 2
もともと3枚だったが前述の通りいれかえを4にしたのでボードは2になった。

ハチマキ 2
3枚欲しい場面が多かった。打点調整が大事なデッキなのであえてハチマキを付けずにカウンターエネ発動を促すのも大事だったりする。ハチマキディアンシーヒット&アウェイでデデンネは落ちるンネ。

ポケギア3.0 2
前日にもうしくんにピカゼクにジャッジマンされ続けたらキツくない?と言われたので入れてみた。が、ピカゼクにあまりジャッジマンされなかった。でもグズマ欲しい時にジラーチと二重にサーチできたので悪くはなかった。

ハイパーボール 1
使わないカードをトラッシュできるのでリーリエで引ける枚数増やしたりデッキ圧縮できたりする。2枚でも良かった気はする。ポケモンも持ってこれるのは偉い。

レスキュータンカ 1
前に岩手の強い人がタンカは2枚ないと不安だと言っていたので2枚が安定だと思いながらも抜いてしまって1枚になった。まあグラジオ入れたのでサイド落ちしても持ってこれるので大丈夫かなと。

マルチつけかえ 1
最強の1枚。だいたいエビワラーあたりにエネルギーが付いているのでカウンターエネなくてもテテフが1ターンでマジカルスワップできたりする。Vビートもできる。自信のある1枚。と思ってたらバニラビンズさんが使ってた。草。

あなぬけのヒモ 1
2枚入れようと思ってたけどいれかえ4枚あるしいっか、ってなった。正面の敵にスペシャルコンボ入れたいってなった時に使える1枚。



サポート

シロナ 4
手札がポイポイ減るような構築ではないのでシロナが4枚になった。

リーリエ 3
初手にうてば強いみんな大好きリーリエ。

ククイ博士 1
打点調整ができる筋肉博士、ちゃっかり2枚引くこともできる。

グラジオ 1
サイドから欲しいのを持ってこれる最近気に入ってるカード。せせらぎで欲しいカードのサイド落ちを確認できるので使い勝手は悪くない。

グズマ 3
安定。



スタジアム

せせらぎの丘 2
これがないとコンボ展開ができない。むしろこれがあるからネスト4枚だけで済んでるところがある。対戦相手の方はなるべく壊さないでくれ〜。

戒めの祠 1
打点調整のできるスタジアム。ジラサンが岩手で流行してることもあり1枚に留まった。フェロマッシ嫌いになったので2枚にしてもいいかも。



エネルギー

基本闘エネルギー 3
相手のトキワで持ってこれるし3枚はあっていいかなと。

ユニットエネルギー闘妖悪 3
テテフやフーパで殴れる。よく考えたら基本闘エネ2枚でこっち4枚にした方良かった気がする。

レインボーエネルギー 3
フェロマッシでビーストゲームうてたりVビートできたりする。ちなみにエビワラーカポエラーにつけるとHPが80になるのでサンダー戦するときは注意。

カウンターエネ 2
サイドの数負けてれば貼るだけでVビートやマジカルスワップできる。フィニッシュコンボマジカルスワップは最強。



デッキ解説もできたので満足です。戦い方を知らない人が岩手には多かったので勝ち筋を通しやすかったと思います、やっぱり僕はメジャーなデッキよりこういうタイプのデッキの方が好きです。

次に僕が出る予定の大きな大会はシティリーグ埼玉です、特攻隊としてダブルブレイズ環境に突っ込んで火傷してきたいと思います。岩手の皆さんはこれからも対戦練習よろしくお願いします!!

では、ここまで読んでくださってありがとうございました。

2/17 千葉CL公認大会

最近ポケカのやり方を忘れ初心者より勝ち数が少なくなっております、くましんです。シティで一勝しかできずその悔しさを今回のCL公認大会で晴らしてやろうと思って千葉まで行ってきました。

 

結論から言うと晴らすことはできませんでした。

 

なぜこんなにもポケモンカードが上手くできてないのか、自分を客観的に振り返ってみようと思います。振り返ると言っても文章に表すのは下手くそなので特に期待しないでください。あと多分結構ネガティブな内容なので不快に感じた方はごめんなさい。

 

まず、今回使用したデッキですが、超バレットです。カラマネロたくさんたてて相手に応じてアタッカーを使い分けるデッキです。基本はギラティナで殴ります。現環境にダントツに多いピカゼクを大きく意識してイワークが2枚入ってます。あとフェロマッシが水面下で動き出してると聞いたのでその対策にルギアGXを1枚、KBSやサルコケコなどのバラマキにはプレッシャーのミュウツーを採用してました。ウルネクやジラサンにはアブソル入れてりゃなんとかなるやろと思ってました( )

 

次に当日のマッチと反省を書きます。

1戦目 VSピカゼク ✕

めっちゃ緊張してプレイングがいつもの8倍くらい下手くそになってました。基本的にこのデッキはピカゼクには負けません。ギラティナがHP130なのでそれを無限に狩れるコケコGXが早めにバトル場に出てきたのでシャドーインパクトで13点乗せておき、天空の爪をくらって気絶、相手のピカゼクに破れた扉で1点乗せてネクロズマGXのブラックレイGXにて相手のコケコGXを気絶、ピカゼク、ゼラオラデデンネ2体にそれぞれ10点乗せました。返しにエレパフルドライブでネクロズマは気絶し、僕のサイドも相手のサイドもあと1枚という状況、ちなみにピカゼクのHPはあと130でシャドーインパクトで落ちますよね。。。ここで僕はとんでもないプレイングをしました。カラマネロがベンチに3体いるからと後ろのデデンネが残り60だからとテテフのエナジードライブで倒そうとしてしまったのです。ベンチをジラーチで埋め、願い星でグズマを引けず負けました。ジラーチ出してしまった時点で気づきました、破れた扉してシャドーインパクトすれば勝ちやったやんと。時間に押されて焦ってしまった部分もあるので迅速かつ丁寧なプレイングができるようになりたいです。

 

2戦目 VSウルネク ✕

✝︎滅亡の光GX✝︎

 

なんで僕のデッキにはウルネクが入ってないんだろうと考えさせられた試合でした。考えてみたらウルネクのほうが強いっすよね、はい。

 

3戦目 VSピカゼク 〇

ピカゼクってめっちゃ早めに先人の舞してきますよね。相手のトラッシュにエネが5枚、盤面に5枚、うちピカゼクに4枚でゼラオラに1枚。前のターンにデンジ使ってハイパーボールしか持ってこなかったので山にエネないのかなと思いました。先人の舞は使用済。ピカゼクのデッキのエネルギーってだいたい12枚程度だと思ってたのでピカゼクにロストパージGX打ってみました。お察しの通りエネ切れで相手から投了もらって勝ちました。もしかすると僕ってLOの才能はあるのかもしれない。対戦後に相手からこんな負け方したのは初めてですと言われました。僕もこんな勝ち方したのは初めてでした。デッキのエネの枚数は11枚だったそうです。

 

4戦目 VSアゴズガ ✕

先1やぶれかぶれでオワオワリ。

 

 

あっけなくドロップしました。

 

 

4戦しかしてないので印象に残ったところは割と鮮明に書いたつもりです。まず1戦目、勝ち確だったのにそれを逃したのは恥ずべき行為だしマジで自分が嫌いになりました。2戦目、ウルネクの対策をアブソル1枚でやろうとしてたことが愚かでした。アブソル1枚で対策できてたら環境トップには君臨しないですよね。僕も滅亡の光打ちたくなりました。

 

考えれば考えるほどどうして僕のデッキはウルネクじゃないんだろうとなりました、僕は環境デッキを使うことを嫌ってそれをメタるデッキを使う傾向があるのですが、自分はそれが中途半端なんだと思います。メタをはるということは対象のデッキと何戦もして微調整をはかってやっと形になるというものなのに頭だけで考えて、いざ実践となると思うようにいかない。当たり前です。結論を簡単に言うと練習量不足です。

 

課題として今はただ練習するのみです。情報はネットからいくらでも入手できる時代で今では強い人の構築を買ってプレイングも勉強できる、いわばあれは教科書みたいなもんです。教科書は見るだけじゃダメなんだとバイト柄分かってるはずなんですけど努力を怠りました。

 

今回共に行動してくれたみきひこさんとありすさんはいつでも練習相手になると仰ってくれたのでこの課題も解決できる方向に向かっているのかなと思います。この2人には感謝でいっぱいです、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 

 

毎度言ってますが、このままでは終われないのでシティ埼玉に単騎で特攻しますが悪い結果で終わらせないように精一杯頑張ろうと思います。

 

 

ここまで見ていただきありがとうございました、まだまだ未熟で、ブログに書いたことになんの力もありませんがいつか皆に影響を与えられる実績を持ちたいと思います。デッキ相談は真面目に聞きますのでDMなりでご相談していただけたら嬉しいです。では。

1/27 シティ宮城

シティリーグ宮城に参加してきました。1番大変だったのは宮城に向かうための朝の早起きです。

 

使用デッキ:ジラーチサンダー(ス)

CL新潟の時のデッキを現環境に合わせたって感じです。小マッシとか入れたり。てか優勝した人とほぼ同じ。クワガノンとピカゼクに勝ちやすいように若干改造はしました。

 

1戦目 VSばらまきコケコ ×

回転飛行コケコとだけはマッチしたくねえなって思ってたらこれ。いい試合したと思うけど普通に負けた。

 

2戦目 VSズガアゴ ×

最近のズガアゴにはアロベト入らなくなったしいけるやろと思ってたら無限にデンジが来なくてサイドをとりきれなかった。相手のジャッジマンがめちゃ刺さった。

 

3戦目 VSヌオー ○

相手の引き直しでアドを得て喜んでたらモノマネむすね撃たれて、返しでやぶれかぶれしたら止まってくれたのでアサルトサンダーしてた。ビーストリング→エアロトレイルカプサンダーを決められたので気持ちよかった。

 

4戦目 VSアゴレック ×(引き分け)

バトル終盤、次に自分のターンがくれば勝ちというところでスピードランGXをうち、相手にグズマがなければ勝ちだった。どうやら持ってなかったようなのでこのまま自分にターンまわってくるはずが時間切れ。勝てた試合なので悔しい。ちなみに相手のジャッジマンさえなければもっとスムーズに勝ててた。

 

5戦目 シャトレーヌサナニンフ ×

先1でルミタン決められたので後1でカプサンダーを狙いにいったがハイパーボールが来なかったのでミラクルマジカルされて虚無った。無理。

 

そんなわけで1-4でした。雑魚。

4戦目の勝ちは拾いたかったけどプレイの遅さが響いたようなもんなので仕方ない。てかクワガノンは?ピカゼクは??上位層見てもデッキ選択は間違ってなかったように思えるし、何が悪かったのかと言えばマッチ運と普段の行いでしょう。悔しすぎるから千葉でリベンジしてやるわ。ジャッジマンが嫌いになった日でした。

 

 

練習相手は日々募集してますので盛岡の方はお気軽に声を掛けてください。僕から声をかけるかもしれないので警戒せずに都合さえ良ければ対戦よろしくお願いします。
f:id:raythea0912:20190128141814j:image